熱間鍛造(熱間圧造) | ネジの赤津工業所
ネジペディア Q&A

熱間鍛造(熱間圧造)

カテゴリー:技術

材料の変態点よりやや高く、材料が溶け始める温度より100~150℃程度低い温度に加熱し、頭部を圧造または鍛造成形する方法をいう。
熱する事で比較的大きな変形が可能だが、冷間圧造に比べて仕上げ精度が悪くなる。

一覧を見る

関連項目

ご相談のお問い合わせはこちら

お見積りのお問い合わせはこちら